パンくずリスト
  • ホーム
  • 子ども
  • 百年先も輝き続ける赤ちゃんの名前から受験生必見!JK時代の秘蔵ノートを大公開!! ~英語の勉強法~他

百年先も輝き続ける赤ちゃんの名前から受験生必見!JK時代の秘蔵ノートを大公開!! ~英語の勉強法~他

子ども - 家庭の悩み
百年先も輝き続ける赤ちゃんの名前から受験生必見!JK時代の秘蔵ノートを大公開!! ~英語の勉強法~他
Pocket

本日のおすすめ『受験生必見!JK時代の秘蔵ノートを大公開!! ~英語の勉強法~』等

注目の情報『百年先も輝き続ける赤ちゃんの名前』(山本 大)

百年先も輝き続ける赤ちゃんの名前

市販の本に書かれていない部分を含めて分かりやすく解説
「赤ちゃんの名前を考える」と言いましても、実際には名前をどう決めていけばいいのかわからないという方も沢山いらっしゃると思います。
インターネットを検索すれば、いくつも無料姓名診断サイトが溢れ、赤ちゃんの命名候補となる名前も、無数に存在します。
それらの響きや漢字の中から、自身の大切な我が子にどんな名付けをすれば良いのか、親になるための第一歩は、なかなか難しいなと実感されているのではないでしょうか。
日々の生活の中で、あなたが配偶者や友人、会社の上司同僚など、自分以外の他人と関わりを持つ時は「相性の良し悪し」が大切になってきます。
職場では、上司や同僚と意思の疎通がとれずにいやな思いをした経験はありませんか?その一方で、尊敬できる先輩や、信頼できる友人に恵まれてる場合もあると思います。
同様に、パパ・ママと赤ちゃんの間にも相性が発生するのですが、親子がどういう関係になるのかは、実は「赤ちゃんの名前」で決まると言われています。
これからお伝えすることは”お子さんの一生”を考えていくことでもあります。

百年先も輝き続ける赤ちゃんの名前の公式サイトへ

なぜそうなるのかといいますと、名前の文化については、千年以上も閉ざされ、[貴族や武家の一部の人たちに独占されてきた]という歴史があるのです。
なぜなら、名前には、[赤ちゃんだけでなくその両親や一族に繁栄をもたらす大きな力がある]とされていますので、階級の違う庶民には伝わることなく、名付けは上流社会における[秘事]として扱われてきたのです。
自己流が決して悪いわけではありませんが、「原則」にそっていないケースが多いのです。
名前の付け方には、原則があります。
その原則には、千年以上も昔から伝わることも含まれているのです。
「原則を踏まえたうえで、自己流の名前を付ける」というのが正しいやり方ではないでしょうか。

百年先も輝き続ける赤ちゃんの名前の公式サイトへ

関連記事
トラックバック
トラックバックURL